第12代目理事長就任のご挨拶

5月28日の総会において、平本前理事長の後を継いで新たに
第12代目の理事長に就任しました(有)安久工機の田中隆です。

 

まずは、平本前理事長におかれましては体調が万全ではない中、
2期4年間にわたり理事長を勤めて頂きました。ご苦労様でした、
そしてありがとうございました。

平本前委員長は昭和20年代生まれ。自分は昭和30年生まれですので、
一応昭和30年代初の理事長ということになります。

 

自分の性格としては頭をひねってあれこれ設計したり
ドラフタを使って(未だに3DCADではない)図面を
描いたりする方が性に合っているのですが、
理事長職を仰せつかったからには、新たに就任された広瀬副理事長はじめ
各委員会と協力して、フットワーク軽く会員皆さんのために
勤めて行きたいと思っております。

ビアパーティやおおたオープンファクトリーといった恒例事業については、
各委員会の体制を充実させて引き続き進めて参ります。

各委員会の中で、今まで広報誌発行がメイン業務だった広報委員会については、
事業継承・情報収集や教育活動・工和会ホームページの活用(はたまた婚活まで)
といった業務も充実させる意味で、「教育情報委員会」と改名(以前の委員会名を復活)して
活動の場を広げて行きます。

 

また、自分自身は大田区生まれではなく(板橋生まれ)、
大田区育ちでもないので、逆にこの地元地域の社会貢献にも
会として積極的に関わりたいと思っています。

工和会でこんなものできないだろうか、といったものがあればまずは
相談してみて下さい。技術のエキスパートが対応致します。

 

弊社安久工機は亡き父親が始めてから約50年になります。
また、自分も2005年50歳で社会人博士課程に進み、
その後6年かけて博士号(工学)を取得しました。

その間、医療・福祉関係においても大学・研究所等との人脈や
パイプを築いて来ましたが、工和会でもぜひ活用出来ればと思います。

 

自分の使命は、広くアンテナを張って工和会に様々な情報を提供し、
会を活性化いくことです。

そのためにも会員みなさんの協力がぜひ必要です。

ご協力のほど、宜しくお願い致します。

工和会協同組合 理事長 田中隆